開発/販売 ぱれっと

◆対応OS Windows 98/Me/2000/XP◆


4月25日/予価8800円
ジャンル 推理アドベンチャー/18禁

◆画面解像度 640*480/ハイカラー/フルスクリーンorウインドウ◆

BGM/PCM
音声 女性キャラのみあり

◆CG鑑賞、音楽鑑賞、シーン鑑賞、メッセージスキップ有り◆

◆企画概要◆

ジャンル:陵辱アドベンチャー
音声:女性のみフルボイス
アニメーション:OPデモのみ



必須スペック
推奨スペック
◆CPU 266MHz

◆メモリ 32M

◆VRAM 2M

◆DirectX 3.0以上
◆CPU 300MHz以上

◆メモリ 64M以上

◆VRAM 4M以上

※必要スペックは変更される場合がございますのでご了承ください※

 

§ゲームの目的§

 

女の子の秘密を暴くということがゲームの目的になります。

序盤は、美夏の事故の原因と、誰が犯人なのか?
という謎を追っていくことになります。

美夏には秘密があり、そう簡単には口を割ってくれません。
また、他の女の子もそれぞれに秘密を抱えています。

口を割らせる為には、情報と証拠を集める必要があります。

女の子の秘密を暴くということがゲームの目的になります。

 

 

§ゲームの進行について §

捜査パート

推理パート

追い詰めパート

陥落〜真相

という流れになります

 

 

§捜査パート§

事件に関連した場所を調査し、証拠品を揃える
   

関連した人物から証言を得、人物ファイルを更新する

という事が目的となります。
ここで手に入る情報が、女の子を追い詰める鍵となります。

 

学園内で事件を調査します。その際には、以下の情報が得られます。

証拠品
   事件に関係ある品物です。容疑者の嘘や犯行の動機などを裏付ける物証になります。

証言
   事件について知っている事を聞き、それを録音します。

人物
   捜査線上に新たな人物が浮かび上がったり、すでにある人物の情報が追加された場合に更新されます。

この捜査パートで得られた情報を尋問パートで使用し、登場人物の嘘を暴きます。
また、捜査パートでも情報を誰かに伝える事によって、更に新しい情報を引き出せることもあります。

 

 

 

§人物ファイル画面§

物語が進行していくと、新たな登場人物が現れる事があります。
新たな人物が出現すると、人物データに追加されます。

また、捜査が進行していくに従って、人物の情報が追加される場合があります。
その際も人物ファイルが更新される様になります。

 

§証言画面§
捜査中に、登場人物から事件に関連した事を聞き出せる事があります。

このように、事件に関する重要な発言があった場合、
それを記録して追い詰める際に利用することが出来ます。

記録された証言はビデオカメラのメモリーに収められており、
捜査中にいつでも参照することが出来ます。

 

§推理パート§

このパートでは、手に入れた証言、証拠品、人物ファイルを使って、事件の状況を推理、検証する

という事が目的となります。

女の子は、伸哉に何かを隠しています。

捜査パートで手に入れた情報は断片的なもので、それを繋げる事が必要になります。
情報を繋ぎ合わせる事によって、新たな一面が浮かび上がる…といった事もあります。

また、パートナーの優月がこの段階で新たな情報を提示してくれる事もあります。

情報を繋ぎ合わせた時、女の子が何を隠しているかが明らかになります。

 


§尋問パート§

 

このパートでは、推理パートで組み立てた情報を元にして、

女の子を追い詰めるという事が目的となります。

隠し事を暴くのがこのパートの目的です。

推理パートで組み立てた推理を元にして、女の子の隠している秘密を暴こうとしますが、

彼女達も様々な言い訳や証拠品や証言等を

次々と提示して女の子の言い訳、逃げ道を塞ぎ、事件の核心に迫っていきます。

 

   

<一例>

[主人公]  君は、事故現場を見ていたんじゃないのかな

[  恵  ]  そんなことありません!事故がおきた時間は、私は家に帰ってました

[主人公]  じゃあ、これはどういうことかな?

[優月の証言] 
      
事故の日…ですよね。恵ちゃんとは校門のところで遭いましたよ。
       珍しく一人で帰ろうとしてたから、どうしたのかなーって思ったんです。

[  恵  ]  …それは…

 


という形で、「どういうことかな?」の部分でどの情報を使うかを選択します。}

間違った情報を使えば尋問は進展しませんし、あまり間違いすぎると女の子はあきれて帰ってしまいます。

そうなれば捜査続行不能となってゲームオーバーになってしまいます。


全ての女の子が陥落し、秘密を語り終えた時、一本の筋として繋がって事件の全容が明らかになります。

そして、物語は意外な方向へ向かい始めるのです…

 

 

§陥落〜真相§

陥落した女の子から真相を聞き出し、次に繋がる証言や証拠品を得る

という事が目的となります。
追い詰められ、嘘を全て暴かれた女の子から真相を聞き出します。
それと同時に新たな情報や証拠品を得、次の捜査の足がかりとします。

以上のパートを繰り返していく事によって、事件の真相に迫って行きます。

 

§Hシーンについて§

 

尋問で陥落した女の子は、主人公に秘密を暴かれた事になり、
その秘密を隠す事と引き換えにして主人公は彼女を陵辱可能となります。

つまり、捜査が進んでいくごとに陵辱する女の子の数が増えていくのです。

捜査パート中に女の子を呼び出すことにより、陵辱を行うことが出来ます。

女の子を一人落とすごとに実行できる陵辱コマンドのメニューが増えていきます。
追加される項目は、3Pのパートナーだったり、保健室以外の場所での陵辱だったりします。

一人、また一人と陥落させていくうちに、お楽しみが増加していく仕組みになっています。

一人につき、最低でも3パターン以上の陵辱シーンを用意してあります。

 

§マップ画面とHシーンについて§
 

マップ画面は、通常の移動で使います。

行きたい場所名を選んでクリックすることで
その場所に移動することが出来ます。


そして、同時にHシーンにも使われます。

女の子のアイコンが表示されている場所に移動すると…
女の子がいますので、Hシーンとなります。

Hシーンを行える場所の種類や、
相手の女の子はストーリーが進行していくに従って増えていきます。

 

§アイテム画面について§

 

ゲーム中、女の子にアイテムを突きつける際に使用される画面です。

手持ちのアイテムリストが表示され、更にそのアイテム情報が表示されます。
ストーリー展開により、使用すべきアイテムが異なります。

また、捜査を進めていくに従って
アイテムの持っている情報が書き換えられていくことがあります。

携帯電話>>>恵の携帯電話>>>恵の携帯電話(メールログあり)

というように形になります。

また、このアイテム画面はゲーム中
いつでも情報確認のために呼び出すことが出来ます。


 

 

戻る